2016年7月30日土曜日

配達しました!

「よせぴつ」8月号は本日、天神橋1丁目の長右衛門さん、
元気のでる整骨院さん、2丁目、繁昌亭そばのワーズカフェさん、
3丁目の薫々堂さんに配達いたしました。

8月号を発送しました!

「よせぴっ」20168月号を728日に入稿しました!
人気のリレーエッセイ「笑うてABC」は朝日放送アナウンサーの
伊藤史隆さん,「じゅずつなぎ」は月亭文都さんにご登場いただいております。

読み物では東京の林家たい平さんが同題異話の3席の「寝床」に挑む
「林家たい平独演会」、毎年88日に開催される「88桂文珍独演会」、
東京の柳亭小痴楽さんと上方の桂三語さんの二人会「さる・ごりら~落語会~」、
東京落語を中心に約700席の落語を収めた「古典・新作落語事典」(丸善出版)の
情報や6月に開催された「上方落語若手噺家グランプリ」決勝戦の結果ほかを
ご紹介しています。

「よせぴっ」8月号の紙面は「よせぴっ」のオフィシャルブログから
ダウンロードできます。
8月号の紙面データは、近日、アップいたします。お楽しみに!



             「林家たい平独演会」
             (8/7、大丸心斎橋劇場)



            「88桂文珍独演会」
            (8/8、なんばグランド花月)



              「さる・ごりら~落語会~」
              (8/21、朝日劇場)




          BOOK「古典・新作落語事典」( 瀧口雅仁著/丸善出版)




             「上方落語若手噺家グランプリ」
             優勝はたまさん、準優勝は喬介さん








「第2回あべの歌舞伎 晴(そら)の会」上演中!

昨日から近鉄アート館で「第2回あべの歌舞伎 晴(そら)の会」の
公演がスタートしました!

「晴の会」は松竹・上方歌舞伎塾の第1期生で、将来を大いに
期待されている上方歌舞伎の片岡松十郎、片岡千壽、片岡千次郎の
三人が結成。
昨年7月に近鉄アート館で華々しく旗揚げ公演を行いました。




「第1回 晴の会」(2015年7月31日)


「あべの歌舞伎」では、「晴の会」を中心に、新作の上方歌舞伎を上演。
昨年は上方落語の「宿屋仇」を歌舞伎化しましたが、今年は古典落語の
代表的な旅ネタ「東の旅」を題材にした新作歌舞伎「伊勢参宮神乃賑
(いせさんぐうかみのにぎわい)」が上演されます

台本は昨年に続き、桂吉坊こと城井十風さん、演出を上方舞山村流宗家の
山村友五郎さん、監修を上方歌舞伎の重鎮の片岡秀太郎さんがつとめます。
三面が客席の近鉄アート館で行われる新しい歌舞伎の舞台をぜひ! 







         左から片岡千次郎、片岡松十郎、片岡千壽

「第2回あべの歌舞伎 晴(そら)の会」

7/29() 開演=18:00
  30()31() 開演=11:00/16:00
8/1() 開演=11:00

◆近鉄アート館(各線「天王寺」、近鉄「大阪阿部野橋」,
        あべのハルカス近鉄本店ウイング館9F

料金=前6000 当6500(全指) 
   高校以下1000(事前申込・当日要学生証)

問い合わせ=チケットセンター:0570-023-300




2016年7月22日金曜日

「第26回彦八まつり」のお知らせ

上方の落語家の文化祭&ファン感謝デー「彦八まつり」が
934日に生國魂神社で開催されます。

今年の実行委員長は笑福亭三喬さん。

境内には落語家の屋台が並び、落語会だけでなく、
落語家バンドのコンサート、演芸コンテストや
福引きなど今年も盛りだくさん。
今年は会場にくまモンもやってきます!

「第26回彦八まつり」

9/3() 時間=11:0020:30
  4() 時間=10:0019:30

会場=生國魂神社
  (地下鉄「谷町九丁目」、近鉄「大阪上本町」)

問い合わせ=上方落語協会:06-6354-7727



 「上方落語四天王」の手拭いが本部テントで販売されます。


        1枚1200(税込)で、各日500枚限定です。








「三遊亭わん丈 二ツ目昇進披露公演」

前座修業を終え、20165月に二ツ目に昇進した東京の
三遊亭わん丈さんが、滋賀県の大津市で昇進披露公演を行います。

わん丈さんは三遊亭円丈さんの10番弟子で、
1982年生まれの33歳。
滋賀県大津市出身で滋賀県初の東京の落語家です。

北九州市立大学時代の20歳から約7年間、福岡で
バンドのヴォーカルとしてライブ活動を行い、
歌やトーク、企画など幅広く活躍。
東京に拠点を移したのち、立ち寄った寄席で
落語に魅せられて2011年に円丈師に入門しました。

「三遊亭わん丈 二ツ目昇進披露公演」

7/24()  開演=14:00

会場= 大津市民会館大ホール(京阪「島ノ関」)

料金=前指定3500円 当4000

出演=三遊亭わん丈/林家木りん/翁家勝丸(太神楽)
ゲスト=三遊亭円楽/三遊亭円丈/桂雀々


問い合わせ=大津市民会館:077-525-1234





8月号を入稿しました!

「よせぴっ」20168月号を719日に入稿しました!
8月号は728に発送する予定です。
人気のリレーエッセイ「笑うてABC」は朝日放送
アナウンサーの伊藤史隆さん、「じゅずつなぎ」は
月亭文都さん登場いただいております。

読み物では東京の林家たい平さんが同題異話の3席の
「寝床」に挑む「林家たい平独演会」、毎年88日に
開催される「88桂文珍独演会」、東京の柳亭小痴楽さんと
上方の桂三語さんの二人会「さる・ごりら~落語会~」、
東京落語を中心に約700席の落語を収めた「古典・
新作落語事典」(丸善出版)の情報ほかをご紹介しています。

「よせぴっ」8月号の紙面は「よせぴっ」のオフィシャル
ブログからダウンロードできます。
8月号の紙面は、発送日の728日以降にアップいたします。
お楽しみに!



              「林家たい平独演会」
               (8/7、大丸心斎橋劇場)



               「88桂文珍独演会」
                (8/8、なんばグランド花月)



              「さる・ごりら~落語会~」
               (8/21、朝日劇場)




          BOOK「古典・新作落語事典」( 瀧口雅仁著/丸善出版)


2016年7月15日金曜日

「青春のジュゼッペ・ヴェルディ」(7/15)

大阪とイタリア・ミラノの姉妹都市提携35周年を記念し、
大阪出身で、オペラの殿堂・スカラ座に28年間在籍した
ビオラ奏者・寺倉寛さんを招いたイベント「青春の
ジュゼッペ・ヴェルディ」が開催されます。

1947年生まれの寺倉さんは、同志社大学の工学部出身。
幼いころから音楽に親しみ、大学の交響楽団に所属
していました。卒業後に大阪に本拠を置くテレマン・
アンサンブル(現日本テレマン協会)に入団し、10年間在籍。
その後イタリアに渡り、ミラノ・スカラ座のオーケストラに
ビオラ奏者として入団。2007年の定年まで活躍されました。
現在はイタリアを本拠に指導をしつつ、日本でも音大で
特別講座をされています。

今回のイベントでは、落語作家の小佐田定雄さんが
聞き手をつとめ、寺倉さんに音楽の裏話などを聞く対談が
行われます。
落語好きの寺倉さんとの対談ではどんな話が飛び出すのか、
お楽しみに! また、寺倉さんによる珍しい楽器、
ビオラダモーレの演奏も行われれます。
後半はクラシック通で知られる桂米団治さんが
古典の名作「たちぎれ線香」を演じます。

「青春のジュゼッペ・ヴェルディ」

7/15() 開演=18:45

●寺倉寛(おはなし&演奏)/小佐田定雄 
 特別出演=桂米団治

◆大阪市中央公会堂・小集会室(各線「淀屋橋」①)
料金=前2500 当3000(先着150名)


問い合わせ=青春のジュゼッペ・ヴェルディ実行委員会
          公演事務局:06-6346-9553